肩こりにともなう手のしびれ、原因突き止めるフローチャート

肩こりや首のこりから、手のしびれまで……。首から肩にかけての違和感をともなう頚椎(骨格や神経)の異常を、一般的には「頚椎症」といいます。実は、頚椎症は肩こりの原因の中でもメジャーな疾患の一つだと考えられているのです。

たかが肩こりと侮るなかれ。重度の頚椎症では腕のしびれだけではなく、脚のしびれにまで発展し、歩行困難に陥ることも。頚椎症を見分けるポイントはどこにあるのでしょうか。病院で行われる診断フローチャートを追ってみましょう。

※診断は専門の医師でなければできません。この記事はあくまで参考となる情報を提供するものだということに注意してください。

手のしびれの原因は神経の圧迫

私たちの身体は脊髄から枝わかれしたいくつもの神経によって分割支配されています。


私たちの手足は、背骨に沿って伸びている脊髄から枝分かれした神経によって動かされていることは良く知られています。大木から細かな枝が四方八方に別れながら伸びているといったイメージがわかりやすいでしょう。このうち、脊髄から枝分かれしてすぐの部分を『神経根』といいます。


この神経根は非常にデリケートで、わずかに圧迫されただけでもその先の神経が関連している部分のしびれや痛みを引き起こしてしまうことがあります。たとえば、頚椎付近の異常によって神経根が圧迫されると、腕や肩などの、神経が続いている先の部分に症状が現れてしまうのです。これが『頚椎症』によって手のしびれが現れる大まかな仕組みです。


神経の圧迫まではいかなくとも、パソコンやスマホの操作によってうつむいている時間が長くなると頚椎のカーブが失われ、首にかかる負担が増加します。この負担によって周辺の筋肉に疲労が蓄積し、コリや痛みが取れない状況に陥っている人がとても多いと考えられます。


脊柱(背骨)を形作っている椎間板や脊椎関節は、加齢とともに変形しやすくなる上、筋肉の衰えで骨格を支えられなくなることでも症状が現れることがあるため、中高年になってから後頭部の痛みや肩こり、手のしびれ、腕のしびれといった症状を感じたら、一度は脊椎症を疑ってみる必要があるでしょう。


頚椎症を確かめるためのフローチャート(参考)

頚椎症というのは首や肩に現れる多くの症状をひとまとめにした呼び方で、実際の疾患は関節症だったり、神経根症だったり、筋膜性の症状だったりなど、さらにいろいろなものに分類されています。病院では、腕のしびれや痛みの感じ方などを参考にして、次のようなフローチャートをもとに原因を突き止めることがあります。



肩こりとともに手のしびれや腕のしびれがある場合、神経症状が出ているということなのでつづいて脚のしびれがないかを確かめます。もし脚のしびれがあるのなら、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などのなんらかの原因で脊髄が圧迫され、手足に正しい情報が伝達されなくなっている可能性があります。徐々に歩行が難しくなるなど症状が進行することもあるため、神経症状が出ているのなら早めに医療機関を受診した方がいいでしょう。


脚のしびれがない場合、レントゲンやMRIなどで、椎間孔狭窄がないかを確かめます。椎間孔とは、脊髄から神経が枝分かれして伸びるための穴で、ここがなんらかの原因で狭まることで神経根が圧迫されてしまいます。ここで神経根が圧迫されているようなら、「神経根症」が腕のしびれの原因になっているとも考えられます。


もし椎間孔狭窄がないのなら、頚椎症の可能性は低くなります。そのほかの病気で肩こりや腕のしびれを引き起こすものとして考えられるのが、「頚肩腕症候群」「胸郭出口症候群」「パンコースト腫瘍」です。


胸郭出口症候群は、首と肩の境目にある胸郭出口が狭く、血管や神経が圧迫されている状態のことです。腕を上げると痛みが現れ、腕のしびれをともなうこともあり、若い女性に多い傾向があります。パンコースト腫瘍とは、肺の一番上の部分にできる腫瘍で、がんが上に進むと首から出ている神経をおかして腕のしびれや痛みを引き起こす原因になります。また、頚肩腕症候群は肩こりや腕のしびれのうち、原因が良くわからないものです。


一方、手足のしびれがない場合でも頚椎症の可能性は否定できません。頚椎症は椎間板や椎骨が変形して神経を圧迫するというものですが、症状が軽ければ肩こりや首の違和感を感じるだけのこともあるからです。腫瘍や感染症のようなものを除けば、加齢の影響が大きく誰にだって起こりうるものです。


筋筋膜性疼痛というのは、筋肉に硬いしこりができて痛みを引き起こすというもので、最近ではトリガーポイントという名前でも知られています。


実は肩こりにはわかっていないことが多い

私たちの生活とかかわりが深い症状でもある肩こりですが、実は肩こりの原因についてはまだまだわかっていないことがたくさんあります。首や肩の痛みを引き起こす原因にはとてもいろいろなものがあり、それらが複雑に組み合わさって症状が発生していることが多いからです。


原因がわからないものも多く、そういった肩こりの症状は「本態性肩こり」と呼ばれています。ほとんどは命の危険を伴っているというようなものではありませんが、中にはすぐに治療を始めなければならない「危険な肩こり」も含まれています。それが手のしびれをともなう『神経症状がある肩こり』や、『安静にしていてもどんどん悪化していく肩こり』です。こんな症状に気がついたときには、早めに病院に行きましょう。


関連記事

ちょっと待って、危険かも!その肩こりと歯の痛み

2017.03.02

肩こりで体がズーンと重い。虫歯はないはずなのに歯が痛い。背中全体が激しく痛む…。それなのに病院で検査をしても異常がないといわれて困っている。 こんな条件が重なっている人はいませんか?精神的なものかもしれないとアドバイスされ、安静に過ごしているけど症状が改善せず納得できない…。 そ...

スマホの使いすぎで肩こりに!?楽な持ちのトリセツ

2017.09.28

[caption id=attachment_2361 align=aligncenter width=640] スマホを使うたびに疲れを感じていませんか?[/caption]今、「スマホ症候群」と呼ばれる体の不調に悩まされている人が増えています。スマートホンを長時間使っていて、疲れを感じたことがあ...

子供の発育に悪影響!現代っ子の肩こりが心配だ

2017.07.06

子供は肩こりとは無縁、という時代ももはや今は昔。最近では環境や生活習慣が大きく変化して、肩や首の悩みを抱えている子供も多いといいます。勉強への意欲低下や運動能力の伸び悩みにも影響しかねない姿勢や筋肉のトラブル。子供たちの間にいったい何が起こっているのでしょうか。子育てに不安を抱える親御さん必見です。

カテゴリーから記事を選ぶ