【やわこ】と何が違う?【MAXやわこ】はこんな人におススメ!

最近テレビや雑誌に取り上げられて、徐々に話題になりつつある【やわこ】。

ところで、このマッサージ器具には姉妹品があるのをご存知でしょうか。

その名も【MAXやわこ】。

やわこを2周りほど大きくしたようなその姿。

「買うならどっち?」を徹底検証します!

MAXやわこ、なにが違う

MAXたにがわ、MAXとき。


これらは上越新幹線を走っている車両の名前ですが、MAXが付いている車両は2階建てで車両が大きいのがその特徴。


MAXやわこもやわこと比べて、1周りも2周りも大きい仕様になっているのが最大の特徴です。


 


公式ホームページによると、


MAXやわこ  幅19.6cm 高さ9.9cm 奥行9.9cm


やわこ     幅14cm 高さ6.5cm 奥行6.5cm


片玉の直径がおよそ1.5倍になっているようです。(実際に並べてみると数字以上に大きさの違いを感じます。)


 


また、公式ホームページではどちらも『硬式テニスボールぐらいの柔らかさです』と書かれていますが、大きさが違うため実際にはMAXやわこの方がずいぶん柔らかく感じます。


あまりの硬さにびっくりして、「やわこ」という名前に騙された!と感じている人には、MAXやわこぐらいがちょうどいいかもしれません。



大きさが違うと使い心地もだいぶ違う

さて、このMAXやわこ、ボールの大きさがやわこの1.5倍もあるので、使い勝手がだいぶ違ってきます。


たとえば背中の下に置いて上に寝転ぶとき、やわこだと「ピンポイントに押されている」という感触が得られ、人に親指で指圧してもらっているような感覚です。


背中もそれほど反ることはありません。


ところがMAXやわこは、その大きさのために上に乗ると若干つぶれ、指圧してもらっているというよりも「腰を反らすように押されている」といった感覚。


ツボ押しのような鋭い指圧感はほとんど得られません。(逆に言うと、やわこだと痛すぎる人にはちょうどいいかもしれません。)


 


一方、首のマッサージではやわこだと高さが足りないのに比べ、MAXやわこはちょうどいい高さにフィットしてくれます。


そこで初めての購入を検討しているという人は、次のような流れで買う商品を決めるといいのではないでしょうか。


 


〇首を重点的にマッサージしたいという人は「MAXタイプ」


〇首よりも腰や肩のマッサージに使いたいという人は「通常タイプ」


〇一番マッサージしたい場所(例えば腰など)に握り拳のとがっている部分を当て、もう片方の手で押し付けたときに十分満足できるほどの刺激が得られるなら「やわこ」、満足いかないのなら「かたお」


 


とくに通常タイプでは「やわこ」でも結構な硬さをもっています。


普段から凝り固まっているという感覚がある人は、かたおよりもやわこの方が体に合いやすいと感じます。


MAXやわこの意外な使い方、脚痩せトレーニング

MAXやわこは力をかけるとへこむ性質があるため、これを使って筋力トレーニングに応用することができます。


 


椅子に座って膝と膝の間にMAXやわこの玉を挟み込みましょう。


両側から内向きに力をかけて、ゆっくりMAXやわこをへこませます。


5秒へこませたら、力を抜いてゆっくり戻しましょう。



これは太ももの内側にある内転筋を鍛えるボールプレスというトレーニングの簡易版。


大きくて、押すとへこむ「MAXやわこ」だとやりやすいですね。


1回10セットずつ、朝と夕方に2回行うと効果的です。


関連記事

肩こり『見える化』器具!?筋硬度計でこり具合を数値化

2017.02.22

今日は一段と肩が痛い!ほら、触ってみて。すごく硬いから!え、わかんない?おかしいなぁ。こんなに痛いのになあ。[caption id=attachment_2334 align=aligncenter width=640] 肩こりのつらさが分かり合えず、夫婦喧嘩になってしまうこともあるのでは。[/ca...

綺麗な作り方も解説!テニスボールマッサージが肩こりに効く!

2017.03.02

肩こりに悩めるあなた!テニスボールマッサージをご存知でしょうか。100円ショップなどで簡単に手に入るテニスボールがあれば、『自分ではマッサージできない所でもかなりの強さ・心地よさでマッサージすることができる』というのです。用意するのはテニスボール2つとスポーツで使うテーピング用のテープだけ。わずか数...

肩こりが楽になる!?定番入浴剤5選

2017.02.21

お風呂は肩こりのだるさから体を開放してくれる強い味方。ガチガチのつらい肩こりも、お風呂に浸かって体を温めた後はだいぶましになるものです。ただのお風呂に浸かるのもいいですが、入浴剤を使えばいつものバスタイムをもっとリラックスしたものに進化させることができます。いい香りと温泉のようなお湯の感触で、入浴効...

カテゴリーから記事を選ぶ