体のゆがみを取り去る新しい光!摩訶不思議な【ハンガー反射】とは?

頭にハンガーをかけると、意図しないのに頭がくるくる回る。

バラエティー番組でこんな光景を見たことはありませんか?

なんとも不思議な光景ですが、『やらせ』ではなく、脳の錯覚を利用した反射運動なのです。

このハンガー反射、体のゆがみを元に戻すこと利用できるのではないかと注目されています。

体のゆがみはしつこい肩こり、腰痛の原因に

証明写真を撮るとき、首の角度がなかなか決まらなかったことはありませんか?


私たちの首は、普段の姿勢の影響でまっすぐ前を向かず、左右や前後に曲がっていることがあります。


ところがゆがみは知らず知らずのうちに溜まるため、頭では曲がっていることを認識できず、曲がっている状態を正しい姿勢だと勘違いしているケースがほとんどです。


そのため、整体院などで姿勢を矯正してもらっても、すぐに元通りの曲がった状態に逆戻りしてしまうケースが目立ちます。


 


首だけではありません。


肩の高さ、骨盤の傾き、背骨の傾き、さらに足をつく位置。


まっすぐ立っているつもりでも、体のあちこちにゆがみが現れます。


マッサージしてもすぐに肩こりや腰痛がぶり返してしまうのは、ゆがんだ姿勢を正しい姿勢だと脳が勘違いしてしまっているからなのかもしれません


一時的に矯正されてもすぐに戻ってしまう体のゆがみはいったいどうやって取り除けばいいのでしょう。



ハンガー反射とは?

意識しても取れない体のゆがみは、意識が及ばないところで矯正すればいいのです。


人間には、自力ではどうしても制御できない『反射』という機能が備わっています。


例えば、膝をハンマーでたたくと脚がひとりでに持ち上がったり、瞳に強い光が当たると瞳孔が閉じたりしますが、『反射』と呼ばれる動作は私たちの意思とは関係なく、それを引き起こすことをされたときには防ぐことができません。


 


そして都合のいいことに(?)、首のゆがみを取り除く反射が発見されました。


それが『ハンガー反射』です。


 


ハンガー反射は、ハンガーを頭にかぶると首が勝手に回ってしまうという『反射運動』。


いったい誰が、何のために、頭にハンガーを被ったのかは定かではありませんが、初めて取り上げられたのは『探偵ナイトスクープ』だといわれています。


その後、珍妙な恰好が好評になり、バラエティー番組の罰ゲームや、健康番組で体の神秘としてたびたび取り上げられ、テレビ界ですっかりおなじみなりました。


 


面白おかしい罰ゲームに過ぎなかったハンガー反射ですが、ある脳神経外科の医師がひらめきます。


「首が曲がってしまう頸ジストニア患者の治療に応用できるのではないか?」


試してみたところ、手術でも改善されなかった首の回旋がみるみる改善し、1か月後にはハンガーを被らない状態でも首の回旋が緩和されるようになったのです。


(※ハンガー反射による頚部ジストニア(痙性斜頚)治療の臨床研究のご紹介 )


体のゆがみ治療に一筋の光明が差し込んだ瞬間です。


なぜ首が回るのか

それにしても、なぜハンガーを頭にかぶっただけで、首が回ってしまうのでしょうか。


 


答えは脳の錯覚にあると考えられています。


ハンガーを頭に対して斜めに被ると、こめかみと反対側の後頭部の2点で皮膚に触れあいます。


この2点に圧力が加わることで、首を回転させようとする外力がかかっていると脳が錯覚します。


この外力に対抗して首姿勢を安定させようと、逆方向へ回転させる動きが無意識に生じます。


実際には首を回転させる外力はかかっていないので、無意識の対抗力が首を回転させてしまうのです。


 


この原理でいくと、頭だけではなく、体の至る所でハンガー反射が起こるはず。


実際、ハンガー反射の研究をリードする電気通信大学の研究グループの実験では、手首や体幹でも同じような反射を再現できることが判明しています。


(※手首と体幹部におけるハンガー反射)


上のリンクの内の、体幹でのハンガー反射を体験した被験者の中には「体が雑巾のように絞られる感覚」に陥った人もいる程。


ハンガー反射による回旋力は、とても強力なものなのです。


ハンガー反射を使ってゆがみを矯正しよう

家庭にある針金製のハンガーを使って、首のゆがみを矯正してみましょう。


ハンガーの底面にある平らな部分を内側にへこませます。


へこませた部分がこめかみにあたるように、すっぽりとハンガーを被りましょう。


右に回転させたいときは右のこめかみ、左に回転させたいときは左のこめかみにあてます。


 


力をぬいてリラックスすると、ハンガーの向きに従って自然に首が回るはずです。


このハンガー反射を何度か繰り返すことで、首の回旋を直せないかという臨床実験が行われています。


 


ハンガー反射を使ったゆがみ治療はまだ始まったばかり。


今も研究機関でハンガー反射の原理を利用した治療用ギプスの臨床研究が進行中です。


近い将来、首だけではなく、体全体を反射を使って矯正できる日が来るかもしれません。


関連記事

肩こりの悩みは病院へ!肩こり外来を活用しよう

2017.06.12

最近ではスポーツ外来や肥満外来などユニークな名前の専門外来がある病院が増えています。病院を使う私たちにとって、どんなときにどこに相談したらいいかわかりやすくて助かりますね。そんななか、整形外科の看板やホームページなどで目にする機会が増えてきたのが「肩こり外来」。肩こりに悩む私たちにとってはなんだか気...

肩こりに健康保険は効くのか?治療を受ける前にもう一度確かめよう

2017.06.30

慢性的な運動不足から、肩こりや腰痛、膝痛など体の痛みを抱える人は年々増加しているといわれています。こうした慢性痛の症状緩和のために、日常的に整骨院や鍼灸院、マッサージ院を利用している人も多いのではないでしょうか。整骨院や鍼灸院の中には【各種保険適用】といった看板を掲げているところがあります。健康保険...

肩こり施術の最先端!3D診断カメラで体の歪みが一目瞭然

2017.03.01

頭痛、肩こり、腰痛、膝痛など様々な症状の原因になるといわれている体のゆがみ。整骨院や整体院で体が歪んでいると指摘されたことがある方も少なくないのではないでしょうか。 悪姿勢や運動習慣によって歪みは知らず知らずのうちに溜まっていきますが、人に指摘されても当の本人にとっては簡単に自覚できるもの...

カテゴリーから記事を選ぶ